バックナンバー

結婚の凄い情報

招待ゲストでのトラブル

結婚式はお披露目の場

世代で違う結婚式への考え方

晴れて結婚が決まったら、最初に悩むのが「結婚式はどうするのか」ですよね。結婚式を考えるうえで大切なのが、どのくらいの規模で行うかを最初に考え、両家で意見をまとめることです。本人たちが「小規模の家族婚」でと考えていても、意外と親世代は「結婚式は親戚へのお披露目の場」であると考えているパターンはとても多いです。ゲストの人数、招待する親戚の範囲を曖昧にしておくと、打ち合わせが始まってからトラブルの元にもなるので注意が必要です。まず主役であるご夫婦おふたりがお互いどのように考えているか、この意見をまとめたら両家の親御様にその意思を伝え相談しましょう。そのうえで招待する親戚の人数や規模を考えると、式場選びの参考にもなりますし、トラブルもおきにくくスムーズに準備をすることができるでしょう。子供の結婚は親御様にとっても一大事な事柄。舞い上がってしまう親御様も少なくなく、本人たちの知らないところで遠い親戚にまで話が回っていた、というお話はよく耳にします。ゲストの人数に合わせて招待状の発注や、テーブルの宅数を考えていたのに親が勝手にゲストを増やした!というトラブルも少なくありません。両家にとって最良の1日にするためには、最初の話し合いが肝心であると言えるでしょう。

↑PAGE TOP